• ブラインドの掃除
    窓の環境を、クリーンな感じにする。そのために必要なことは、何も窓ガラスを拭くことだけではありません。
  • ブラインドの掃除2
    ハウスクリーニングというのは、「字は体を表す」を地で行っているような業者のサービスになります。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

修理も請け負う

ブラインドの掃除を請け負う業者の中には、「修理」をサービスのひとつに含んでいる業者もあります。
スラット(羽)の他にも、スラットをまとめている紐や、紐を動かしてスラットの開閉を操作する「回転棒」などの部品から出来ているブラインド。
それらの部品が壊れたとき、適切に修理してくれるサービスがあるのです。

回転棒を回してもブラインドが閉じなくなったとか、スラットがねじ曲がって開け閉めが上手くいかないという場合には、掃除と修理のサービスがオススメなのです。

定期クリーニング

小中学校での学校掃除は、毎日行われていたものでした。家の掃除も、1日1回、2日に1回のような程度で行われているでしょう。
掃除について語るとき、「定期」というのは欠かせない話題であるわけです。いったいどれほどの頻度で掃除をすれば良いのかということです。

家全体のこともそうですが、家の設備、道具、家具などについても、それぞれ掃除する時期というものがあります。

ブラインドの場合には、だいたい1年に1回か2年に1回というのが、「定期」に当たるようです。
もちろん、そうでなければならないと決まっているものではありません。「掃除をしてもらいたいな」と思ったときに呼べば、いつでもハウスクリーニングの業者は来てくれます。

クリーニング技術

ブラインドの掃除を自分でしようと思っても、積もった埃を拭き取るくらいのことがせいぜいであるというパターンは多いでしょう。
例えば、家の中でタバコを吸う人は、ヤニが染み付いて色がついてしまったブラインドに困っていたり、キッチンにあるブラインドであれば油汚れにお困りの人も多いでしょう。

拭き掃除ではなかなか取れないそれらの汚れを、ハウスクリーニングの業者ならツルリと取り除いてくれます。
彼らの持っているクリーニングの専門技術が、それを可能にするのです。

汚れを、水や洗剤で落とすのではなく、「超音波で落とす」という方法があります。
「超音波洗浄機」という機械があって、その機械にかけると、ブラインドから油やヤニの汚れが科学的に取り去られてしまうのです。
これを使えば、色が染み付いてしまってもう駄目なのだろうと思われたブラインドも、ツルツルの白いやつに戻すことが出来るのです。
部屋はホワイティで清潔な感じになって、清々しい気分が得られるようになるのです。

お預かりと出張

ブラインドの掃除を手がけてくれる業者が、そのサービス形態として採用しているのが、「お預かりサービス」か「出張サービス」かというものです。
どちらかを選んで依頼することが出来るというわけです。

どちらも文字通りのサービスであるわけですが、業者が事業所に持ち帰ってブラインドを掃除してくれるものと、作業員の人が来てくれて掃除をしてくれるものと、2つのパターンがあるのです。
「掃除の場には立ち会うことが出来ない、作業員の人を一人にしてしまう」そういう場合には、ブラインドを預かってもらって、掃除後に送り届けてもらうサービスが便利なのです。